スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カントリースタイル

母指対立筋に打ったボトックスが効き過ぎて、
ピックが持てなくなったので、
カントリースタイルで訓練する事にしました。

ピックを挿まない分、
感覚入力にはカントリースタイルの方が良いみたいです。
スポンサーサイト

付着部

20170414_000_000.jpg
正常。

起始(上)から停止(下)まで全て動く。

20170414_000_001.jpg
緑で囲った範囲が付着部だとします。

20170414_000_002.jpg
弛緩性麻痺になると、
重力で落下します。

20170414_000_003.jpg
弛緩性麻痺が1週間も続くと萎縮します。

20170414_000_004.jpg
動かさないと、
付着部が拡大します。

20170414_000_005.jpg
回復して、
筋腹の上半分の緊張が上がったとします。

20170414_000_006.jpg
ペットボトル状になります。

20170414_000_007.jpg
通常の動作では付着は剥がれないので、
付着部の範囲は変わりません。

拡大した付着部は、
手技で剥がす(激痛)か、
お灸で溶かして鍼で削るか、
手術するかだと思います。

筋腹の上半分を限界以上に伸ばすか、
萎縮部位(筋腹の下半分)の両端を持って伸ばすと、
筋腹の下半分も回復します。

脊椎

20170411_000_000.jpg
正常な脊椎の背面。

縦の線は突起。

20170411_000_001.jpg
左右の傾きは、
突起の傾きで分かります。

大抵は悪化して7-8個傾く。

胸椎の場合、
肋骨も歪み易い。

前後の傾きも、
突起の傾きで分かります。

20170411_000_002.jpg
横滑り。

上下は傾きます。

傾きの向きから中心を特定して、
3から治します。

旋回を併発しているかもしれないので、
椎体を確認しながら押す。

20170411_001_000.jpg
前滑り。

20170411_001_001.jpg
後ろ滑り。

20170411_000_003.jpg
ロック。

3と4がロック。

分離させた後、
片側を固定し、
意識を向けさせながら運動させる。

肋間を動かすと分離させ易い。

20170411_000_004.jpg
旋回。

上下の傾きは、
横滑りと比べて小さい。

椎体の位置を整えても、
突起の位置は横滑りに近い場合は旋回。

仙椎の旋回

20170330_000_000.jpg
上からです。

20170330_000_001.jpg
腰椎を出来るだけ連動させずに、
仙椎を旋回させます。

母指を6対4に分けた境目を、
中間仙骨稜の内側に当て、
緑色の矢印の方向に押します。

L5がS1と同じ方向に旋回している場合は、
S1を治してからL5を治してもかまわないのですが、
別方向に旋回している場合はL5を先に治します。

環軸、仙椎の歪みを取る時は、
蝶形後頭軟骨結合、恥骨結合で中心軸を取ります。

蝶形後頭軟骨結合、恥骨結合で取った中心軸に、
胸骨を納めます。

胸椎の旋回

20170330_001.jpg
左右のずれ、傾き、
前傾、後傾、
前進、後退、
旋回の順で治します。

20170330_002_001.jpg
左右のずれ、傾きを治します。

棘突起の付け根を解します。

棘突起の付け根に母指を当て、
緑色の矢印の方向に押します。

前傾、後傾し易い角度があるので、
上下にずらして傾かない角度を探します。

前進させないように注意しながら、
なるべく強く押します。

緑色の矢印の方向が4、
黄色の矢印の方向が6の割合で、
黄色の矢印の方向に動かします。

右旋回してしまう時は、
緑色の矢印の方向の力を増やし、
若干(15度以下)左旋回させながら動かします。

棘突起の先端で動かそうとすると非常に痛いので注意。

前傾を治します。

1つ上を持ち上げながら、
棘突起、横突起を引き下げます。

後傾を治します。

棘突起、横突起を持ち上げます。

前進を治します。

棘突起、横突起を持ち上げます。

1つ上から順番に、
いくつか持ち上げます。

環椎まで持ち上げても負担が逃げなかった場合は、
環椎の横突起を左右から挟んで固定し、
頭を前後にゆっくり動かして逃がします。

頚長筋を解すと逃がし易い。

治まらない場合は、
繋がっている内臓を解し、
神経マニピュレーションを施します。

後退を治します。

棘突起、横突起を持ち上げます。

治まらない場合は、
押します。

押し過ぎないよう慎重に。

20170330_002_000.jpg
旋回を治します。

棘突起の付け根に母指を当て、
緑色の矢印の方向に押します。

前傾、後傾し易い角度があるので、
上下にずらして傾かない角度を探します。

旋回させないように注意しながら、
なるべく強く押します。

緑色の矢印の方向が7、
黄色の矢印の方向が3の割合で、
黄色の矢印の方向に動かします。

棘突起の先端で動かそうとすると非常に痛いので注意。
プロフィール

トリーハ

Author:トリーハ
2014年1月
脳内出血発症
右片麻痺
3級2種

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
フリーエリア
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。