恥骨筋

通院リハのPTはN田さんです。

大腿骨頭を内旋させながら下げてもらいました。

恥骨筋と大腿直筋の起始部を解してもらい、
鼠径部の感覚が増え、
殿筋の緊張も上がり、
歩行が改善しました。
スポンサーサイト

50kgに挑戦

通院リハのOTはS崎さんです。

肩サポーターは良い感じだったので、
処方箋が出るなら購入しようと思います。

STEFも行ったので短時間です。

手根骨の、
有鈎骨と三角骨、
有鈎骨と有頭骨、
有頭骨と舟状骨、
有頭骨と第3中手骨の間を解してもらいました。

手指の動きが大幅に改善し、
橈骨の落下が1/20以下に減りました。

通院リハの翌日気付いたのですが、
病前の10%筋力しかなかった上腕三頭筋が、
1日で90%に増えていました。

試しに50kgの荷物を、
両手で持ち上げてみました。

2、3秒なら持ち上げれました。

上腕三頭筋は手根骨が原因だったみたいです。

上腕三頭筋だけでなく、
他の部位も治さないと重く感じますね。

悪い結果

通院先でSTEFをしました。

0/100(2014.02.09)
2/100(2014.03.17)
14/100(2014.04.19)
19/100(2014.05.30)
28/100(2014.07.13)
24/100(2014.08.12)
29/100(2014.10.14)
33/100(2015.01.27)
40/100(2015.07.28)
58/100(2015.09.29)
44/100(2015.11.24)

大幅に下がりました。

近頃手指の訓練を1日13時間していて、
動きも感覚も毎日改善しているので、
位置覚が定まらないみたいです。

回復ペースが落ちたら、
その時の位置覚を使った動きを練習します。

矢印キー

タイピングよりギターの方が、
動作は難しいのですが、
目を閉じて行うと、
タイピングの方が難しくなります。

ギターの弾く方の手は、
強く押し付ける弾き方(アポヤンド)も出来ますが、
通常のタイピングはタッチが軽いし、
長押しが出来ない(設定を変えれば可能)ので、
返ってくる情報が少ないからです。

通常のタイピングは、
上半身全ての関節で代償出来るし、
視力に頼れば、
意外と簡単ですが、
代償していては、
いつまで経ってもブラインドタッチが出来るようにはならないので、
練習方法を考えてみました。

矢印キーの4つ(左手ならwasd)を、
手を見ずに動かします。

代償を減らす為に、
手首は机に付けて行います。

掌側が弱い場合は、
机にチョップをして押し付けた状態から、
回内させて構えると、
緊張を維持し易くなります。

傘の傾き

久し振りに傘を使いました。

健側は杖、
麻痺側に傘、
傘は首に当てた状態です。

首や鎖骨の表在感覚が増えていたので、
傘の傾きに反応し易くなっていました。

共同運動も減ってはいましたが、
傘で歩くと疲れますね。

往復の1km弱でぐったりです。

冷たい

昨日はたから整骨院(*link)で治療を受け、
体幹と下肢が劇的に改善しました。

私は靴下が嫌いなので、
帰宅すると真っ先に素足になります。

足底がフローリングと金属の敷居両方に乗った時、

「足底の一部が冷たいぞ?」

と感じました。

確認してみると、
フローリングより金属の方が冷たいと、
判別出来るようになったみたいです。

予期していなかったので驚きました。

起き上がり

ベッドから体を起こす時、
いつもは健側で床を押していますが、
今朝は無意識に麻痺側も使って、
両手で床を押して起き上がっていました。

月に1、2度気が向いたら使う程度だったし、
無意識に使う段階までは、
一生到達しない可能性が高いと思っていました。

1週間前から用事の無い日は、
手指の訓練を1日13時間以上行っていて、
毎日改善を感じてはいました。

木曜に貼る円皮鍼は、
普段2、30本ですが、
昨日は60本刺したので、
関節が安定しているからかもしれません。

腰痛で控えていた、
四つ這い用上肢装具を久々に使った影響もあるのかな。

肩甲帯と股関節の基準を修正してから、
片足立ちも2秒から3、4秒に伸びたし、
昨日は足趾のチョキの動きが僅かに利いてきたし、
今週は驚くような回復が続いてます。

片膝立ち

通院リハのPTはN田さんです。

今回も足底腱膜と下腿三頭筋を解してもらいました。

柔軟の自主トレが足りないみたいです。

健側は床に立位、
麻痺側はベッドに片膝立ちで、
麻痺側の腰を引かないように注意しながら、
左右に荷重する訓練を行いました。

両膝立ちより難しかったです。

数回行っただけで、
殿筋が大幅に改善しました。

肩甲帯の修正と同様に、
股関節を中間に修正したので、
効かせれたみたいです。

腰方形筋が硬くて腰が引け易いので解してもらいました。

随分歩き易くなりました。

肩甲帯と股関節の基準を修正してから、
土台が一段上がった気がします。

上肢の基本姿勢

通院リハのOTはS崎さんです。

上肢の基本姿勢は、
本来肩関節外旋、前腕回内ですが、
肩関節内旋、前腕中間になっているので、
治療法を相談しました。

大胸筋、鎖骨下筋、肋間筋と、
肋骨下部の側面から突き上げて、
横隔膜を解してもらいました。

大菱形筋はそれなりに緊張が上がっているので、
小菱形筋を圧迫してみてもらいました。

次回肩サポーターを用意してくれるそうです。

足底腱膜と後脛骨筋

通院リハのPTはN田さんです。

下肢を解してもらいました。

足底腱膜は、
痛みを無視すれば一気に解せるみたいです。

後脛骨筋は、
4、5cm奥を狙って解します。

大腿二頭筋と腸脛靱帯の境目を解してもらいました。

外返しが改善し立位の安定感が増しました。
プロフィール

トリーハ

Author:トリーハ
2014年1月
脳内出血発症
右片麻痺
3級2種

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
フリーエリア
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

カウンター