スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足部

通院リハのPTはN田さんです。

距骨を後退、
踵骨上部を前進、
舟状骨内側を引き下げ、
内側楔状骨を引き下げてもらいました。
スポンサーサイト

手根骨

通院リハのOTはS崎さんです。

手根骨の隙間を広げてもらいました。

爪先の引っ掛かり

通院リハのPTはN田さんです。

多裂筋、
ハムストリング、
後脛骨筋を解してもらいました。

歩行時の、
爪先の引っ掛かりが減りました。

ピック

通院リハのOTはS崎さんです。

母指と示指両方に固定出来るピックが欲しかったのですが、
両方は無理そうなので、
示指に固定するピックを作ってもらいました。

ずれます。

両方じゃないとダメみたいです。

PNF

通院リハのPTはN田さんです。

PNFの手技を教わってきたそうなので、
試してもらいました。

下肢は、
股関節内旋30度、外転15度、
膝関節屈曲30度から、
股関節屈曲120度、外旋30度、
膝関節屈曲120度の往復でした。

腸骨筋と梨状筋の緊張が上がって、
股関節を内外旋させ易くなりました。

腕橈骨筋と上腕筋

通院リハのOTはS崎さんです。

上腕筋の停止側の内側を、
引き出してもらいました。

腕橈骨筋と上腕筋外側の、
癒着を剥がしてもらいました。

ピックの単音弾き

20170507_000_000.png
肘関節と手関節(橈屈、尺屈)を使った弾き方。

肘関節だけで弾く人、
手関節だけで弾く人もいます。

肩甲帯の挙上の動きを加える人もいます。

手足が短いのに、
白人の構え方を真似すると、
尺屈に偏る。

20170507_001_000.png
回内外を使った弾き方。

20170507_002_000.png 
ダウンは母指の対立と屈曲で示指を内転させ、
アップは手内筋の反動を使った弾き方。

股関節伸展の可動域

通院リハのPTはN田さんです。

上腕二頭筋腱膜の内側から、
円回内筋の下に潜り、
上腕筋を掻き出してもらいました。

腕橈骨筋と上腕筋の外側が癒着していたので、
切ってもらいました。

腹臥位で、
骨盤を固定し、
股関節を伸展させてもらいました。

健常者の股関節伸展の可動域の平均は20度ですが、
私は、
40度までは全然平気で、
最大45度みたいです。

病前はもっと広かったはずです。

病後20度以上伸ばしたことがなかったので、
一気に股関節が改善しました。

ほとんど外れなくなりました。

大殿筋の大腿方形筋の停止の上辺りと、
後脛骨筋を解してもらいました。

上腕筋

通院リハのOTはS崎さんです。

上腕二頭筋の停止腱の外側から、
上腕筋を掻き出してもらいました。

三角筋後部の内側の端や、
棘下筋を解してもらいました。

広背筋の触覚が増えました。

上腕筋の起始の2、3cm上の痛みが、
通常の姿勢では出なくなりました。

サムピックでブリッジミュート

ブリッジミュートで橈屈を鍛えることしました。

橈骨を大きくすると、
すぐにピックを落とすので、
サムピックに変えました。

サムピックでブリッジミュートはあまりに弾き難いので加工しました。

20170504_000_000.png
ティアドロップ。

20170504_000_001.png
サムピックだと高さがずれます。

20170504_000_002.png
高さを合わせるには、
背屈で代償しなくてはいけないので、
片麻痺には難度が上がり過ぎます。

20170504_000_003.png
爪切りでカット。

20170504_000_004.png 
解決。
プロフィール

トリーハ

Author:トリーハ
2014年1月
脳内出血発症
右片麻痺
3級2種

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
フリーエリア
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。