FC2ブログ

癒着を切った後

その人が分けて動かさない部位が癒着するので、
どうして癒着したのか、
どう動かせば癒着を防げるのかを理解して実行しなければ、
切ってもくっつきます。
スポンサーサイト



握り直し

長橈側手根伸筋と両側癒着を分けると、
握り直しが劇的にスムーズになりました。

例えば、
2kgのダンベルを持っていて、
小指寄りに握り直す時、
以前は、
姿勢を正し、
健側で持って握り直していたのですが、
多少不安定な姿勢でもそのままで、
握りを少し緩め、
握りたい方向にずらす動きです。

以前も、
姿勢を正し、
時間を掛ければ出来なくはなかったのですが、
実用的な早さではなかったんですよね。

ハイドロリリース 7

上腕三頭筋の外側頭と内側頭の間に打ってもらいました。

上腕三頭筋の停止側が引き締まり、
三角筋の前部と中部が分かれて柔らかくなりました。

長橈側手根伸筋と腕橈骨筋の間、
長橈側手根伸筋と短橈側手根伸筋の間に打ってもらいました。

屈筋と伸筋の連動が一部改善しました。

ここが癒着した状態での手指のリハビリは苦行過ぎる。

水平屈曲と水平伸展

水平屈曲は、
三角筋前部、
大胸筋下部、
烏口腕筋、
水平伸展は、
三角筋後部、
棘下筋、
小円筋、
広背筋。

魅力的なラインナップ。

大胸筋と肩甲下筋の癒着を切って、
かなりやり易くなりました。

結構きつい動きだから、
意識さえしっかり出来ればエアーでもそこそこ効きそう。

ハイドロリリース 6

上腕二頭筋短頭と烏口腕筋に打つと、
尺骨の内果への傾きが軽減されました。

大胸筋と肩甲下筋の停止側、
エコーで見るとかなり癒着していたようです。

肩関節の外旋が大幅に改善しました。

小円筋と棘下筋の起始側、
肩関節を回し易くなりました。

腕が軽くなるストレッチ

座位で、
健側で麻痺側の上腕を掴み、
麻痺側の肩関節を、
75度屈曲、
30度内転、
限界まで外旋させ、
屈曲の75-180度を往復させます。

可能なら、
掌を開き、
回外させながら行います。

掴み方は、
3指のMPを外果の上に当て、
母指の先端を円回内筋の起始部に当てます。

ハイドロリリース 5

大胸筋と上腕二頭筋長頭の間に打ってもらいました。

即、
大胸筋の停止部付近が柔らかくなりました。

円回内筋と橈側手根屈筋の間に打ってもらいました。

回外が少し楽になりました。

第3と4指の屈筋の間に打ってもらいました。

短橈側手根伸筋の緊張が上がり、
手の形が改善しました。

上腕二頭筋に挑戦

大胸筋の筋トレを、
フラットダンベルチェストプレス、
フラットダンベルフライを中心に、
70日間続けてみました。

硬くならないか不安でしたが、
ネガティブ法で行うことが多いからか、
軟かくなりました。

上腕二頭筋も同じ様にならないか、
数日前から試しています。

僧帽筋下部と前鋸筋と腹筋がまだ弱いので、
肩関節の外旋が全力で出来なくて、
短頭に入れ難い。

やりようがあるとは思うんですけどね

肩甲骨を大きく動かす

立位か座位で、
上半身を45度前傾させ、
両手にダンベルを持ち、
肩、腕を脱力させ、
肩甲骨を最大まで広げます。

肘は5度曲げます。

肩関節の外旋させながら、
肩甲骨を内転させます。

肩と背中の力を使った種目です。

1と1/2法

インクラインダンベルフライを、
フルとハーフ交互に行う方法です。

大胸筋の起始部の胸骨周りに凄く入るので、
呼吸が楽になりますし、
腹直筋に上端が締まるので、
腹部全体が改善します。

4回2セットで十分効きます。
プロフィール

トリーハ

Author:トリーハ
2014年1月
脳内出血発症
右片麻痺
3級2種

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
フリーエリア
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

カウンター