スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎖骨の変形

ボトックス入院に関しての記事です。

尺骨と同様に、
鎖骨の変形を治してもらいました。

下準備に鎖骨下筋を解してもらいました。

上腕二頭筋や小胸筋の痙縮で、
大胸筋の付着部の肩側辺りから、
正面側に出ているので、
沈んでしまっている胸骨側を、
肋鎖間隙で胸郭出口症候群が起きないように、
斜角筋側から引き出しながら、
反りを整えてもらいました。

腕の重みで、
三角筋の付着部の胸骨側辺りの曲線と、
大胸筋の付着部の肩側辺りの曲線が、
平たく伸びているので、
曲げてもらいました。

予想外に小胸筋症候群が重かったみたいで、
鎖骨の変形を正し、
肩峰が脊柱に寄ると、
尺骨神経が肘部管の手前まで大幅に改善して、
感覚が増えました。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

トリーハ

Author:トリーハ
2014年1月
脳内出血発症
右片麻痺
3級2種

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
フリーエリア
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。